確実に体力の低下からくる疲れやすさを実感している今日この頃

大好きな買い物の際に疲れやすくなった


現在53歳の主婦です。40代後半から50代になるにつれ、日常生活の中で体力が落ちたと感じる場面が増えてきました。

現在は60代や70代の方も現役で元気に働いておられる方が多い中、早すぎるのではないかと心配になりますが確実に体力の低下からくる疲れやすさを実感している今日この頃です。

特に気になるのは、大好きな買い物の際に疲れやすくなったことです。

日々の買い物も、洋服などのウインドショッピングも、どちらも私にとっては楽しい時間で、以前は安い食料品を求めてスーパーを数件回るのが趣味のようになっていました。

ワクワク感もあって、日々の活力源のひとつとなっていたのです。楽しくて疲れを感じたことなどなかったのですが、最近は疲れるため、2件回るのが限界です。

そんな時に年齢による体力の衰えを感じるようになりました。

当然、セール時期のデパート巡りも1日1件が限界です。

昔はお目当ての商品を目指して、数件はしごするのが当たり前でしたが、今は考えるだけで疲れるような状態になり止めました。

考えてみれば荷物を持って歩くのも、お店をはしごするのもかなり体力がいる作業です。

わくわく感が勝っていたせいか、40代後半までは元気にこなしていましたが、とうとう無理と思える程に体力が衰えてしまったようです。

もっと身近な日常では、階段の上り下りの際に体力の衰えを感じてびっくりします。長い階段になると、足がガクガクして腰が痛くってしまうのです。

例えばデパートで階段を使った場合、2階分ほど登る程度の話です。これはマズイと感じるほど、体力が衰えているようです。

さらに最近は、しゃがんだ状態から立ち上がる際に膝に違和感を感じることが時々あり、手を添えて立ち上がることもあります。もう体力の衰えを越して、老化現象まっしぐらと言った感じです。

40代中頃まで勤めていたため、毎日の通勤や仕事をすることで体力を維持できていたと思います。

しかし家庭の事情で辞めてから家に居ることが多く、特にスポーツもしていないことが体力の衰えに繋がっていると感じます。

同じ年代の現役の友人と比較すると、やはり私より元気です。いずれにしても昨今の高齢化社会を考えると、50代前半はまだまだと言った感じです。

今からでも運動を生活に取り入れて、買い物のはしごも問題ないくらいまで体力の回復を図っていきたいと思います。

このまま推移していけばいずれは完全にハゲてしまうのかもしれない